優しさ

足元を見て歩くと
道のすみに咲く花に
気づけるし人に
優しくできる
人間って
遠くを見すぎたり、
自分を人と比較したり、
そんな事をしては
落ち込んだり、
つまずいたり。
それよりも
自分の足元を
見て少しずつでも
前に進んでいけば
確実に
幸せになれるし、
足元に咲いている
花にも気づける。
自分の足元に
咲いている花は
本当に
自分に
必要な花なんだって
当たり前のことに
気づける。
[PR]
by miryoku | 2005-10-15 19:26 | つきを呼ぶ話
<< パッと花が咲く 周りの人が「ホッ」 >>