夏の企画

息子が夏休みになってから企んでた自転車企画
この日は息子がおじいちゃんおばあちゃんと2泊で旅行に行っているので
私自身その日はフリーの予定
そこで21日の朝まだ暗くてそれにほんの少し前に
雨が降ったのか路面が濡れていました。
北に向いて何処までいけるか、行き当たりばったりで
期待を抱きながら4時に我が家を出発
車も少なくてほんの少し涼しく感じながら長居公園目指して走ってると
30分も掛からないぐらいで付いてそこから今里筋に入りひたすら北に向いて
気持ちよくほとんど信号にも引っ掛らないで関目、大日(守口)
この辺は近畿道の上からの風景は見てるんですが自転車から見たのは初めて、
(ココまででも初めての風景ばかりでした)
大日から風景も変わってきて私が住んでる堺とあまり変わらない風景で
快適に心地よく走ってました。
e0009500_16424840.jpg

2時間かからないぐらいで、枚方パークの近くを通って
日もだいぶん昇ってきて観覧車が綺麗に見えました。
天気も最高に良くなってきました。私も国道1号線をまだまだ北に
枚方から八幡市に入ると長いくだりでマックススピードが57km/hぐらい出てました。
e0009500_16425851.jpg

木津川を渡り京都に入った感動はまたひとしお!
朝早いので開いてる店はスタンドぐらいでのんびりとした感じ
どんどんのどかになるような。。。。。。
e0009500_1643838.jpg

木津川を超えて10分ほど行った所で朝の渋滞に遭遇
京滋バイパスでおまわりさんが北向きを通行止めにして車を迂回させてました。
そんなことも気にせづ私はどんどん北へ
宇治川を超えたあたりで警察の方たちが30から40人道路で這いつくばって
いっぱい数字を立ててチョウクで囲み生々しい感じでした。
e0009500_16431799.jpg

鴨川を左に見ながらついに京都南の乗り口をスルーして鴨川を越えて
京都駅に3時間かからずにココまでつきました。走行距離は69km
家からも電話が掛かって来てたので自転車をカバンに入れて電車で帰ろうと
したんですが、なんせ月曜日の朝の7時前たぶんラッシュですよね。
そこからが又未知なる世界へ




京都駅から東へ、鴨川を越えて
五条を通り清水のあたりで道に迷いいろんな方に大津方面はどっちですか?
と聞きながら大津を目指して峠へ
下りてきたところがすっかり「大津だ!」と思いながら走ってるとなぜか「京都」の文字
走ってる車も京都ナンバーばっかし
見上げると、さっき越えた山よりもっと高い山が
名神高速道路の京都東の看板が出てきてなっとくしながら又ココで道を間違えて
比叡山の方へ走ってました。だいぶん行った所で気が付き又京都東へ
清水の所で坂道を立ちこぎで登ってたママチャリの高校生の団体に(15人ぐらい)遭遇してたのですが、京都東に戻ってきた時にはその高校生の子達に又遭遇して
声をかけると「琵琶湖に泳ぎに行く」との事その子らと休憩しながらしばし話をすると
長岡京市から来たと言ってママチャリで1時間30分で大津に着いてそこから
泳ぎに行く所まであと1時間ぐらい行くらしい。
やっぱり高校生は体力も気力も私らとは違うなと思いながら、
e0009500_16432616.jpg

ココは名神 京都東のインターからすぐの防音壁を下の道から取りました。
絶対にココを車で走る事がないと思うのと見慣れた風景が
違う角度で見てる喜びと感動でした。
大津に向かう峠をやっぱり高校生は登りをガツンガツン登って行ってましたね。
でも思ったほどきつくなく峠を越えて大津へ
e0009500_16434121.jpg

大津を越えたあたりでおなかが空いてきたのでコンビにを探しながら走るのですが道沿いに
なかなか見当たらなくどんどん東に瀬田でローソンに入りおにぎりとお茶を買って
食べたら急にしんどくなって来てココで今回はリタイヤ
e0009500_16435548.jpg

目標は岐阜県、と思ってたのですがやっぱり体力とともに腹筋、背筋もきたえないと駄目ですね。
でも電車で大阪駅まで帰ってきて関空快速で堺市駅までで1時間20分ぐらいでした。
本当に電車って速いし快適で良い乗り物ですね。
大阪、堺から自転車で瀬田まで行きましたが、どの道も綺麗に舗装されていて
快適に自転車に乗れました。何時も何気なしに使ってて当たり前のようですが
こんなに綺麗に何処でもアスファルトに舗装されている所を自転車で走れる事に
感謝したいと思います。
奥さんからはお昼までに帰ってきてと言われながら
この企画をゆるしてくれて心配して家で待っててくれる奥さんにも感謝します。
それと私をサポートしてくれた友達や町でであった人達に心より感謝したいと思います
ありがとうございます。


トータル    95km
時間   4時間30分
[PR]
by miryoku | 2006-08-24 16:46 | 自転車
<< おきなわ 夏い! >>