<   2005年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

私はツイテルから

ついてる

人生何といってもついてるのが一番!

実力がある家柄がいいそんなことよりも

ついてるほうが上だ!

だったらどうしたらツイテル人間になれるか

というといつもいつも ついてるを言ってること!

それに人前でも平気に声を出して『私はツイテルから』っていえること。

たったそれだけで貴方はついてついてツキまくる。

今言えば今からツイテることが次から次へとやってくる。
[PR]
by miryoku | 2005-08-31 13:36 | つきを呼ぶ話

恐れず!

今は考えることより行動です自信を持ってね

行動しないで考え事をしていると

ノイローゼになる恐れがありますよ。

行動しながら考えていると大成功者になれますよ。

考えすぎずに行動してれば成功者になれるって言う簡単なことですよ。
[PR]
by miryoku | 2005-08-30 13:54 | つきを呼ぶ話

みんな元気ですか?



私も元気ですよ。

みんなに今日はいいことありますよ。

朝起きたら今日は元気だと周りの人に言ってください。

そしてとても良いことがあるような気がすると言って下さい。

この一言が体に元気を運んできて

本当に良いことを運んできます。

始めに言葉ありき。っていいますけれど、

本当ですね。

いい言葉からいい事が始まるなんてとても素敵ですね。

ほんとに良いことがたくさん今日もありますよ。
e0009500_12144258.jpg

[PR]
by miryoku | 2005-08-27 12:15 | つきを呼ぶ話

ハロウィン

e0009500_1523644.jpg

お店の飾り付けに取り掛かりました。
9月にはお店中ハロウィンにしていきたいです。
まずは、タペストリーから。
ありがとうございます。
[PR]
by miryoku | 2005-08-26 15:04 | しあわせ

優しさ!

e0009500_9312395.jpg

お客様のオダーが「こんなヘアースタイルにしたいな!」って
とっても雰囲気が出てて優しくなれるようなイラストで
心から「こんな風なヘアースタイルにして上げたい」と思いながら
楽しくカットしてました。
こんな素敵なイラストをかいてくれたお客様に感謝します。
ありがとうね saochan(⌒▽⌒)アハハ!
[PR]
by miryoku | 2005-08-26 12:01 | しあわせ

優しい人

いいことは分けてあげるみんな喜ぶから

愚痴やいやなことがあったときは

人に聞いてもらいたいのに、

良いことがあったときには

人に分けてあげようとしない。

いやなことがあったときは

しばらくたてば忘れてしまうのに

人に話したがる。

そんな事より良いことがあった時に

いっぱいいっぱい人に分けてあげよう。

もともと貴方はそういう優しい人だもの。
[PR]
by miryoku | 2005-08-26 06:04 | つきを呼ぶ話

成功の鍵

よく考えて行えば成功まちがいないですよ

安心

安心

企画というのは

企てる

(くわだてる)

ということですよ。

くわだてて行うから企業ということですよ。

ちゃんと成功することを

考えてから行動してくださいね。

何も考えずに行動したら99%ハズレると思ってくださいね。

そのかわり良く考えてから実行すれば

誰がやっても99%成功するのに決まってますよ。

[PR]
by miryoku | 2005-08-25 12:44 | つきを呼ぶ話

夏休み

e0009500_102977.jpg

神戸に行ってきました。
ハーバーランドから「神戸タワー」と「ホテルおおくら」です。
手前の船は「ルミナス神戸Ⅱ」です。

笑う
[PR]
by miryoku | 2005-08-24 10:04 | よかったね

パスポート

e0009500_1754174.jpg

e0009500_1771528.jpg


笑顔で仕事をしているとどこに勉強に行くより頭が良くなる

不満げな顔で仕事をしていると

何も得られないうえに嫌なことばかりが次々と起こるものです。

笑顔で仕事をしていると自分のためになることが

次から次と浮かんできます。

そのうえ仕事の問題以外でも良いことが次から次と起きてきます。

笑顔というのは幸せの国に行く為のパスポートなんですね。
[PR]
by miryoku | 2005-08-23 17:07 | つきを呼ぶ話

世の中で一番強いのは愛の力

e0009500_9372927.jpg


More
[PR]
by miryoku | 2005-08-22 09:37 | つきを呼ぶ話